主導権はどの国にある?

APECの主導権についてはどこの国が持っているのでしょうか?
一般的にはAPECにおける主導権はアメリカが持っているとされています。アメリカはアジア太平洋地域においても大きな存在感を持っており、発足時からも参加している国です。経済的な面からも実質的な主導権を持っていると言えるでしょう。また日本に関しても発足を訴えかけたことやアジアの代表として主導権を有しているという見方もあり、アメリカと日本に関しては重く見られています。
その一方で経済大国として成長してきた中国がAPECにおける主導権について掌握したいという姿勢を見せています。AIIBを創設したことなどやアメリカが打ち出しているTPPへの反対などを訴える一方で、アジア太平洋自由貿易圏、FTAAPの方を重要視すべきだと発言しており、アジア地域を中国がリードし世界も引っ張って行きたいという方針を掲げています。こうした主導権争いについてもしばしば話題になります。

About the Author

admdevo

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です